米国製と欧州製の中古トラベルトレーラーの違い|リーフ(群馬県高崎市)

キャンピングトレーラーとドッグランを楽しもう!

キャンピングトレーラーとドッグランを楽しもう!Leaf

(リーフ)

公式コラム

  • カフェレストラン
  • ドッグラン
  • キャンピングトレーラー

※当コラムは個人的な見解に基づくものです。内容はお客様自身の責任においてご判断くださいますようお願いします。

米国製と欧州製の中古トラベルトレーラーの違い

トラベルトレーラーというのは、自走できないキャンピングカーのようなものです。
移動する際には、トラベルトレーラーは別の車にけん引してもらうことになります。

このようなトラベルトレーラーを中古で購入検討する際、日本製のものはなかなかありません。
日本のメーカーで製造しているところがとても少ないからです。
日本製以外で検討する場合、中古のトラベルトレーラーは生産量の多いアメリカ製かヨーロッパ製ということになります。
アメリカ製とヨーロッパ製では、同じトラベルトレーラーであっても、違いがあります。
まずは、窓です。
ヨーロッパ製の場合は、アクリル樹脂性のものを断熱で2枚重ねにしております。
一方アメリカ製の場合、ガラス窓1枚という場合が多いです。
そのため、アメリカ製のものは寒い時期に室内で暖房を使用すると、結露をすることが多いので注意してください。

また、制動装置(ブレーキ)に関しても、違いがあります。
自走しないトラベルトレーラーですが、ブレーキがついているものとついていないものがあります。
アメリカ製の場合、ブレーキがついていない場合が多いです。
この場合、引っ張る牽引車のブレーキのみで止まらなければなりません。
そのため、トレーラーの重量を制限するか、それとも牽引車のパワーを上げるかという事を懸念しておく必要があります。
一方、ヨーロッパ製の場合には、トレーラー自体にもブレーキがついています。
このブレーキの仕組みは、牽引車がブレーキをかけると、トレーラーは牽引車を押そうとする力を利用して、トレーラーにブレーキをかけるというものです。

他にも違いはありますが、中古のトラベルトレーラーを検討する際は米国製か欧州製かを確認するのも性能を調べる際に役立つかもしれません。