トレーラーハウスの維持費とメンテナンス|リーフ(群馬県高崎市)

キャンピングトレーラーとドッグランを楽しもう!

キャンピングトレーラーとドッグランを楽しもう!Leaf

(リーフ)

公式コラム

  • カフェレストラン
  • ドッグラン
  • キャンピングトレーラー

※当コラムは個人的な見解に基づくものです。内容はお客様自身の責任においてご判断くださいますようお願いします。

トレーラーハウスの維持費とメンテナンス

トレーラーハウスは家ではなくエンジンが無い車両とみなされています。エンジン不要の為、自動車取得税、重量税、自動車税等の税金が無く、勿論不動産登記、固定資産税もありません。その上、車検等の費用も不要なので税金面の維持費は不要となります。
ただし設置場所の市町村により建築確認が必要な場合は、固定資産税、不動産取得税が必要になります。

トレーラーハウスの維持費として、一般の住宅建設同様に設置場所最寄りの給排水設備と電気・ガス業者による外部接続工事や1年間に最低2回程レベル確認を行うメンテナンスなどがあります。メンテナンスをする事により、天井や窓周りの雨漏れ、ドアのフレームを歪みによるドア開閉の支障、内装の染み跡、かびの臭い、壁に亀裂が入る要因の床の変形や捩れ等を防ぐ事が出来、美しい状態をキープ出来ます。

その他の維持費として、ガルバリウム等の板金屋根は2~3年に1度形状の確認と再塗装を行い、ログ製品トレーラーハウスは2~3年に1度上塗りをします。ファイバーセメント材仕上げやメタルサイディング材仕上げ、バイナルサイディング材仕上げは、5年以上メンテナンスが不要です。
タイヤの維持費としては、専用タイヤ以外の使用は大変危険なので空気圧5kg/c㎡~6kg/c㎡トレーラー専用タイヤを購入し使用します。

その他維持費には任意の保険があります。住居による使用の場合は住宅総合保険、店舗や業務用に使用する場合は店舗総合保険があります。

どの維持費もお財布に優しいので、トレーラーハウスはとてもお得で生活にも便利といえます。